top of page
サンプル企業H

企業名

業種:

運送業業界

従業員規模:

100人〜200人

職種:

運送ドライバー

エリア:

山梨県

リクハブの導入により採用の効率化と効果的なデータ分析を実現、より質の高い採用活動が可能に

interview

インタビュー

ミスマッチを防止するためにコミュニケーションを重視


ー初めに、貴社の採用活動について教えていただけますか。


運送業のドライバーを中心に年間十名程度の採用を行っています。採用活動は、求人広告の掲載や求人情報の掲載サイトへの登録、合同企業説明会への参加など、複数のチャネルを使って展開しています。その中で特に重視しているのは、ミスマッチを防ぐためのコミュニケーションです。


ーミスマッチを防ぐためにどういったことを重視されてるのでしょうか?


運送ドライバーという職種柄、長時間の運転や積み込みなどの労働が発生することも多く、人によってはかなりのストレスを感じてしまいます。そのため、応募いただいた方とは事前に業務内容や本人の意思についてすり合わせをし、入社後のミスマッチを防ぐよう努めています。


ーその他で採用活動においてどういった課題を抱えていましたか?


最大の課題は、候補者情報の整理に時間がかかり過ぎてしまい、本来の採用業務に迅速に取り組むことができないという点でした。


ー作業にかなりの時間を取られてたということですね。具体的にどういった点が問題だったのでしょうか?


4つの求人媒体に求人を掲載していましたが、候補者情報を手動でグループウェアに転記して管理していたのでかなりの時間を要していました。


業務の効率化により、データ分析も可能に


ーそこで、リクハブの導入に至ったわけですね。その決め手は何だったのでしょうか?


リクハブの求人検索エンジンとの自動連携機能と分析機能が決め手でした。複数の求人検索エンジンに対して一括で求人を掲載でき、応募があった際は自動で取り込みが出来ることから迅速かつ効率的な採用業務を行うことができると判断しました。また、一元管理された採用情報をワンクリックでレポート出力することができる機能も備わっていることから、我々の抱える課題をピンポイントで解決できると考え、導入を決意しました。


ー確かに課題の解決につながりそうですね!リクハブ導入後の効果についても教えてもらえますか?


実施、情報管理にかかる工数が大きく削減されました。具体的には、導入前に4人で応募者情報の管理を担当していたのが、導入後は2人で問題なく回すことができるようになりました。また、情報の抜け漏れがなくなり、システム上で権限を持つ全員が情報を閲覧できるため、タイムリーな情報共有が可能となりました。


ーその他にも効果はありましたか?


はい、レポート作成についても、以前は情報収集から作成までに1週間ほど費やしていたのですが、導入後はワンクリックで出力することが可能となりました。浮いた時間を活用して、応募チャネルごとの費用対効果の算出や結果を踏まえた総評を役員会議に提出する余裕ができ、役員からも前向きなコメントを頂いております。


より質の高い採用活動実現の実現を目指して


ーリクハブを活用して今後取り組みたいことは何かありますか?


リクハブ活用により蓄積されたデータを活用して、採用活動の戦略設計をしていきたいと考えています。例えばターゲットに応じてどの求人検索エンジンに注力するか、どのような予算配分をしていくかといった点ですね。また、面接担当者の評価に偏りがあるため評価基準の統一をしていきたいです。他にもリクハブには分析ツールが充実しているため、新たな採用戦略を展開するためのフェーズに入りたいと思っています。


ーなるほど、新たなチャレンジにも期待が膨らみますね。最後に、リクハブの導入を検討している人事・採用担当者へのメッセージをお願いします。


当社は長年同じシステムを使用していましたが、リクハブに切り替えた後もスムーズに使用する事ができました。結果として、担当者の業務が削減され、本来やりたい採用業務に時間を費やすことが出来るようになりました。もちろん、リクハブ導入によって採用業務の効率化を見込んでいましたが、予想以上の効果がありました。そういった点から、リクハブの導入を検討されている方には是非お勧めしたいと思います。


bottom of page